「くるくるチャンネル」ラジオ くるねっと石川氏インタビュー(9/30)

更新日:10月4日


 9月30日(木)15時から16時まで、TOKYO854くるめラで、「東久留米のふれあい情報サイト くるくるチャンネルラジオ」がON AIRされました。

 くるくるチャンネル運営委員会が提供する番組です!


 当日のメインゲストとして、「くるねっと」代表の石川敬さんをお呼びし、いろいろお話を伺いました。


 当日聞けなかった方々のために、そのインタビューの模様を以下に掲載いたします。

 なお、聞き手は、くるくるチャンネル運営委員会の樋口、森、そしてMCの陰山ひとみさんです。



【くるくるチャンネルの運営委員をされていましたね?】

 この3月まで5期10年運営委員をやっていました。


【ご出身は?やさしい感じのことばですけど】

 茨城生まれ、高校を出てから東京です。就職後転勤や単身赴任も多く、特に福島や秋田などに長く住んだことから、東北のなまりが入ったような感じになってます。


【東久留米に住み始めたのは?】

 昭和46年ですから、今年で住んで50年(!)です。結婚した年に最初は滝山に、平成元年からは南沢に住んでいます。滝山では妻の養親と同居でした。

 働いていたときは家と職場との往復で、地域とのつながりなど全くありませんでした。


【くるねっと(当時の団塊くるねっと)とのかかわりは?】

 62歳の時に、団塊くるねっと主催のシンポジウムがあり、それに参加しました。その時に何か楽しそうだなと思って、その後活動に参加することになりました。

 当時は働いていたので、実際には1年後に退職してから本格的にかかわるようになりました。


【団塊くるねっとはどんな組織でしたか?】

 平成18年11月(くるくるチャンネル設立と同時期)に、市や当時指定管理者だったワーカーズコープや有志の市民で作られた団体です。

 当時団塊世代が60歳を迎え、地域に戻ってくる人たちの地域デビューを応援をする団体として設立されました。当時は15人くらい。団塊世代以外の方もいました。