くるくる保健室 No.6 『スポーツの秋くれぐれも膝にはご注意を!』


くるくる保健室タイトル

illust3004

そんな中、先月厚生労働省研究班より以下の内容の発表がございました。それは、「膝の痛みに悩む中高年は全国で1800万人に上ると推計」「膝関節の軟骨がすり減って痛むようになると、要介護に移行するリスクが5.7倍高い」という発表でした。前回のくるくる保健室でお話しさせていただいた『腰痛』では2800万人が腰痛に罹患していると書きましたが、それに続く多くの数だと思います。

世界保健機構(WHO)20002010を『運動器の10年』とし、世界各国と連携して、種々の原因による運動機能障害からの開放を目指し、終生すこやかに身体を動かすことができる「生活・人生の質(QOL)」の保証される社会の実現を目指すという基本理念で活動いたしました。 日本臨床整形外科学会でもこの関節の10年運動から引き続き、コロモティブシンドロームの予防を謳っております。初めて聞いたという方もいらっしゃるかと思いますが、ロコモティブシンドローム通称ロコモは運動器症候群と訳され健康寿命・介護予防を阻害する3大因子の一つとされております。あとの2つは皆様もご存じのメタボリックシンドローム(メタボ)と認知症です。メタボは心臓や脳血管などの内臓の病気によって健康寿命が短くなったり、要介護状態になるのに対し、ロコモでは運動器の障害が原因で起こります。

運動器と漠然と言っても分からない方のために、骨・関節・靭帯・脊椎・脊髄・筋肉・腱・末梢神経など、体を支え(支持)、動かす(運動・移動)役割をする器官の総称を言います。先ほどの研究班が発表した調査結果から公共交通機関が不便で、歩く機会が少ないなどの地方に住む人のリスクがより高いことも同時に分かったそうです。やっぱりロコモも予防・早期発見・早期治療が重要であることが明らかですね。 調査内容は2000年以降、東京、秋田、新潟、群馬、三重、和歌山、広島などで行われている大規模な追跡調査のデータをもとに解析され、足腰の健康に重点を置いた健康診断を受けた約1万2千人(平均年齢70.5)のうち、過去1カ月以内に1日以上続く膝痛や医師の診察で膝痛を訴える人は、2010年度で32.7%いらっしゃいました。この数値を国勢調査結果に当てはめ、全国の「膝痛人口」を1800万人と推定し、65歳以上に限ると、3人に1人が膝の痛みに悩んでいるという結果が出ました。


illust3012

**********************************************

それでは、前記にも登場した膝疾患の代表とも呼べる「変形性膝関節症」について詳しく説明いたします。

この疾患の予防をし再発を防ぐことができれば、健康寿命が延びるのは勿論のこと生活の質(QOL)を落とさずに一生要介護にならずに済みピンコロで人生を謳歌できると云っても過言ではないと思います。 この疾患の最大の特徴は、原因はないのに歩くと痛かったり階段を降りる時に特に膝の内側に痛みが生じます。まれに腫れや熱感、関節水腫も溜まります。(俗にいう膝に水が溜まった状態のこと)リスクファクターとしては女性で肥満、O脚の高齢者で罹患率が上がります。診断はX線検査で容易に行われるそうで、日本人は特に膝の内側の軟骨がすり減って摩擦が起き、骨と骨との間の隙間が狭くなり痛みを生じさせます。 整形外科的な治療と致しましては、消炎鎮痛薬を服用したり湿布剤を貼る等の薬物療法が中心ですが、最近は軟骨成分のひとつであるヒアルロン酸を注入する先生が多くなった気が致します。 この薬物療法に運動療法や物理療法を加えそれでも症状が緩和せず日常生活に支障をきたすようであれば、その症状の進行状態に合わせ関節鏡視下手術や変形した骨を切り取り金属で固定する骨切り術や人工関節置換術などの手術をします。

当院でもこの様な患者さんがご来院になられた際には、問診をしっかり行い視診と触診で腫れがあり熱があれば氷で患部を15分程冷やしながら物理療法を行いますが、特に炎症症状が軽減してきてからは運動療法に治療方針を転換させ、膝の裏がしっかり伸びて歩けること、痛みなく正座ができることを目標にして先ずは標準体重(身長m×身長m×22で計算)を超えているようであれば、食事から見直しウェイトのコントロールを行いながら進めて行きます。

ポイントは2あります。 一つ目は膝を支える筋肉を鍛えること二つ目は膝の動きを全体的によくすることです。

Point1 膝を支える筋肉を鍛える 1)太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を鍛える方法Ⅰ   ①椅子に腰かける   ②片足の脚を水平に伸ばす  ③5~10秒そのままでいる