くるくる保健室No.10『身体が元気になる水のとり方』


くるくる保健室Noなし

暑い夏の時期は熱中症予防に「こまめに水分を摂りましょう!」と連日テレビやラジオからそんな声が聞こえてきておりましたが、すっかり季節も寒くなり、なかなか意識しないとついつい水分を摂るのを忘れがちになって来ていますよね。 実は最近寒くなってから逆に、熱中症までは行かずとも脚の痙攣や肩こり、お肌の乾燥等、水分を摂らない事が原因の疾患を訴えてこられる患者様が意外と多く来院しております。

元々私たちの体の約60%は水分です。 乳児に至っては70%が水分で幼児で65%成人で60%そして高齢になると55%とだんだん年齢とともに体の水分量は減っていきます。 血液は90%が水分でてきており、脳も80%が水分で眼球を形作っている硝子体に限ってはなんと99%が水分です。私たちの身体は水と切っても切れない関係なんですね。 水にも「体を元気にする水(健康水)」「体を壊す水(病気水)」  とがあります。 どうせ毎日、体に約2リットルもの水を入れるのですから、60兆個ある我々の体の細胞一つ一つに元気を注入してくれる水を飲みたいですよね!

『万物の根源は水である』古代ギリシャの哲学者ターレスの言葉です。 ヒトも例外ではなく、私たちの命の原点は水にあります。 ヒトは水とともに生き、水を失うと命も失うといっても決して過言ではございません。 飲み水に無頓着で体に悪い水を飲み続けていると、いずれ体も心もみずみずしさを失い病気になってしまうのです。 それでは病気水とはどんなものなのでしょう?

PP_kouensuidou500

それは、日本の水道水に含まれる塩素注入量 が世界の国々と比べるときわめて高いのです

WHOがヨー ロッパにおいて定めた規制では、水道水の一般細菌数に制限を定めていないのに対し、日本では1㎖中100以下と厳しい制限を設け、大腸菌群に関してはさらに厳重で、WHOは「水道水中の大腸菌群の混入は100回検査して5回以内なら合格」としているのに対し、日本では「検出されないこと」とし、大腸菌はゼロでなければなりません。 それだけ日本の水道水には世界で類のないほど塩素を注入しているという訳です。 それではなぜ水道水に塩素を高濃度で注入するとよくないのでしょうか? それはもともと私たちの身体に棲みついている2万種、1000兆個もの腸内細菌を弱らせ免疫力を減退させて健康を損なう結果を招いているからです。 そしてもう一つ付け加える事として、水道水の中にはトリハロメタン等の発がん性物質が含まれているという事です。 その他の病気水としては純水蒸留水白湯などの活性を失った水です。

<水の体内での働き>

●老廃物の排泄を促し新陳代謝を活発にする ●発汗を助けて体温を一定に保つ ●有害汚染物質などの希釈や吐剤の役割をする ●血液の流れをスムーズにして動脈硬化を予防し、脳梗塞・心筋梗塞の発生を防ぐ ●肥満の予防、解消に働く ●その他

それでは、健康水として私たちの体に取り入れたい水とは何かということになりますが、水を購入する際にペットボトルのラベルに『ナチュラルミネラルウォーター』と記載されているものを是非とも選んで下さいね。 農水省が発表している「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」によれば、ナチュラルミネラルウォーターとは、特定の水源から採水された地下水を原水とし、地層中のミネラルが溶け出している水のことをいいます。 また、日本においてナチュラルミネラルウォーターを名乗れる水は、抗菌を目的とした処理の仕方も規定されていて、沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の物理的・化学的な処理を行った水は、ナチュラルミネラルウォーターとは名乗れない事になっております。 しかしここで注意してほしいことが一点だけございます。 腸を元気にして人体の免疫系を最大限に発揮させる水の条件として、加熱殺菌していないことが重要です。 せっかくの美味しいいい水も加熱殺菌してしまうと、水の組成が変わり、生理活性が失われ、おいしさの決め手となる酸素や炭酸ガスも失われてしまうからです。 加熱によってせっかくの生きた水が死んでしまうわけですね。 ですから、天然水を選ぶ時は『非加熱』と書かれたものを選んで下さい。 次に健康水の条件としてカルシウムとマグネシウムの含有量の多いものを選んで下さい。所謂ミネラル分が多いということは体に栄養が入って内蔵機能や運動器の機能が向上するという事だと想いますが、ペットボトルのラベルには必ず各ミネラルの100㎖中の含有量が記載してありますので中でもカルシウムとマグネシウムの量に気を配ってみて下さい。この2つのミネラル量によって水の硬度が決まりますが、多いものは「硬水」少ないものは「軟水」とラベルには表示がされております。 理想のバランスはカルシウム:マグネシウム=2:1が良いようですが、ヨーロッパの水は非常にミネラル成分に富んでいて硬水が多いですし日本は国土の起伏が激しく、高地から低地までの水の流れが速いため、地層のミネラルを吸収する期間が短く、ミネラル成分の少ない軟水が多く作られます。 健康効果の高い水は、ミネラル成分の多い硬水ですが、一概に「硬水」といっても、含有するミネラルの種類と量によって健康効果が違ってくるため、自分に合った水を選ぶ際には、硬度とミネラルの種類をラベルで確認して下さい。 しかし、ここで注意をして頂きたいことがございます。 どんなに体によい硬水でもあっても、飲んではいけない人がいます。 硬水を飲んではいけないのは、腎臓に問題を抱えている人です。 カルシウム量の多い水は、腎臓に負担をかけるため、腎臓の弱い人、問題のある人は飲まないようにして下さい。 また、乳児にも硬水は不向きですので、特にミルクを硬水で作らないようにして下さい。お子様の様子を見ながら、硬度の低い水から体をゆっくりと慣らしていくとよいと想います。 下痢をするようでしたら、体が硬度の高い水にまだ適していないというサインだと考えるといいですよ。 最後にもう一つだけ健康水に欠かせない条件がございます。それは、水のアルカリ度です。 アルカリ性の水を飲むことが大事です。 ラベルにはph7とかph8以上とか記載されております。 現在、厚生労働省が認めている機能水はアルカリイオン水だけです。 アルカリイオン水だけは、体によい機能水だと国が認めている唯一の水です。 私たちの体はph7.4の弱アルカリに保たれておりますが、世の中には酸性食品が溢れております。