くるくる保健室No.11 『健康寿命は肺活から!』

くるくる保健室Noなし

性別にみた死因順位別死亡率を見ると男性の3位に「肺炎」8位に「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」 女性の4位に「肺炎」が入っています。 意外と呼吸器疾患が死因の上位を占めているのに驚かられた方も多いのではないでしょうか。

ここで注目したいのが最近テレビコマーシャルや新聞等で話題のCOPDですが、慢性閉塞性肺疾患と呼ばれ日本人の40歳以上の8.6%、約530万人の患者がいて、そのほとんどが未診断、未治療の状態。

初期症状が風邪や気管支炎とよく似ているために見過ごしやすいのと、進行が遅いので受診も遅れやすく、原因は喫煙で起こりやすく、タバコを吸うと煙の中のタールをはじめ、多種の有害物質が肺だけではなく全身に慢性炎症を起こします。


tabako_kitsuen

男性の死因の8位という事で女性より男性の方が喫煙者が多いので今回はこのような結果になりましたが、男性の喫煙率は低下傾向にあるのに対し女性の喫煙率が上昇している点ではこれから女性の死因の10位以内にランクアップしてくると懸念されております。

全身の慢性炎症の状態が長年続くと、酸素と二酸化炭素を交換する大切な部位である肺の肺胞という部分が壊れていって、末梢は酸素不足に陥ります。

一度壊れた肺胞は元には戻らないんだそうです。

肺は元々我慢強い臓器で、大事に使えば120歳までは充分に機能を保つのですが、喫煙歴のある人だけではなく、周囲の喫煙者からの副流煙を吸った人にもリスクがあったり、禁煙20年後に発病するというケースも報告されております。

勿論タバコは肺がんのリスクにもなるわけですが、昨今の諸事情で喫煙者が減少しているにもかかわらず、なかなか肺がんの罹患率が下がらないのは不思議ですね? もしかするとタバコ以上に肺がんに罹る原因物質が何かあるのではないかと推測します。

今回はあえてその原因物質は現在調査中なので市民の皆様にはお知らせ出来ません。 調査結果が出ましたら分析検討しまたお知らせしますね。 ごめんなさい!

しかし、男女ともに死因の上位にランクしている『肺炎』をしっかり予防できれば健康寿命も延ばすことができそうですね(^_^) 今回は肺炎を発症させない生活習慣術を学んでいきましょう。

昨年の暮れから年が明け立春過ぎくらいまで患者さんの話からまとめるとずいぶんインフルエンザが蔓延していましたね。 暮れには我が息子も日曜診療にインフルエンザで連れて行きました。 これで3年連続です。この数年の正月の風物詩化しています(笑)

肺炎でお亡くなりになる方の大半は65歳以上の高齢者です。 高齢者には糖尿病や肺の慢性病を持つ人も多くやはり予防が大切です。

肺炎の主な症状は咳と痰と熱です。 風邪やインフルエンザなどが上気道と呼ぶ喉の周辺で炎症を起こすのに対し、肺炎はもっと奥の肺にまで炎症が起こります。

原因は様々な細菌やウイルスで、風邪が長引くと傷ついた粘膜にこれらが入り込み、肺炎を発症しやすくなります。 肺炎の種類は日常生活の中で罹る場合と病院に入院中に感染してしまう場合と口の中の細菌などが誤って肺に入って起こす誤嚥性などに分類されます。 一般の生活の中で起こる肺炎のうち、約3割は『肺炎球菌』が原因だそうです。 肺炎球菌だけでも93種類ほどあるそうです。 肺炎球菌は肺に炎症を起こすだけでなく、いくつかの種類では髄膜炎や中耳炎、心臓の炎症、関節炎など全身に広がる場合もあるので注意を要します。

若い方が肺炎になった場合は、風邪の時より高い熱や粘り気のある痰が出ます。 これは、感染初期に発熱があるのは体内で病原体と戦う免疫の作用によるものです。 一方、免疫力が低下した高齢者の肺炎は熱が出にくいというのが特徴です。 上記に記載した慢性閉塞性肺疾患などを持つ人も多く、息を一気に出す力が弱い為、痰も出せないことも多いです。

肺炎球菌が原因で肺炎になると、抗生物質で菌を排除出来ても肺の機能障害が残存することが多く、これは高齢者の肺の構造が変わり働きが低下してしまうからです。 その為、専門家はワクチンを活用した予防が大切だと強調しています。

国は昨年平成26年10月から肺炎球菌ワクチンの接種を推奨し高齢者向きワクチンの公費助成を受けられる定期接種になりました。

平成30年度までは65歳以上が5歳刻みで助成対象となっており、60~64歳も心臓、腎臓、呼吸器の機能に重い障害がある人やヒト免疫不全ウイルスにより免疫の働きに問題がある人にも一部対象としておりますので、自己負担額等詳細は東久留米市役所健康課にお問い合わせしてみるとよいかもしれませんね。

肺炎球菌は人から