くるくる保健室No.16『第1回くるくる市民公開講座 その1』

平成28年12月4日に市民プラザホールにて第1回くるくる市民公開講座よそでは聞けない話」を開催しました。かわい接骨院の川合先生をお迎えし、『厳しい冬はこれで乗り切る!  ~姿勢・血行・呼吸法~』と題してご講演いただきました。

くるくる保健室ではその際にお話いただいた内容を数回に分けて掲載させていただきます!! ※ 今回お話しする内容は川合先生が今まで柔道整復師として鍼灸師として日頃患者さんと接している中で実際の臨床の場で得た経験や体験を元に、自分自身の身体を通して実際に実践してよかったもの、効果のあったものを厳選してお話しさせていただきます。また、文献を読んだり、お偉い先生の話を拝聴しそれを自分なりの解釈とアレンジを加え研鑽し健康効果と高いものをお話しさせていただきます。よってすべてがエビデンスといって科学的根拠に基づいたものではないという事を最初に予めお断りしておきます。


くるくる保健室Noなし

【未病とは】

 元々、中国語で2000年前の後漢の時代の『黄帝内経』という中国最古の医学書に初めて出た東洋医学の文言です。日本では江戸時代に活躍した貝原益軒の『養生訓』に初めて登場した言葉です。 書き下すと「未ダ病にアラズ」となります。  日本未病研究学会では「他覚症状及び自覚症状が無く、検査結果が異常値に近い心身の状態又は、自覚症状というほどではないが気分の優れない心身の状態」を言うと一応に定義しております。東洋医学的には未病は、自覚症状も他覚症状も無く、一応健康であるが、病気に近い健康状態を言います。  健康な人を白、病気の人を黒とはっきり分け、原因のはっきりした病気でないと治療方針を立てれない西洋医学に対して、東洋医学はその間のグレーの部分やグラデーションかかった部分、ここが未病の状態ですがこの部分をも治療致します。西洋医学的な考え方から未病を分類すると予防医学の一分野と考えております。

 平成27年の医療費は41兆5000億円で国内総生産(GDP)に占める割合も10%近くになり、(日本の国家予算の半分近くの額ですね!)2025年までは確実に医療費は増加の一途をたどると言われておりますし、このままだと世界に誇れる日本の社会保障制度、中でもこの医療制度を維持するのは難しくなってしまいます。西洋医学的にもセルフ・メディケーションという概念が主流になり自分の健康は自分で守るという考え方が必要になると想います。  そして、平均寿命と健康寿命がイコールになるようにしたいですよね!またまだその開きが13年程あります。神奈川県がこの未病対策に非常に力をいれており、迫りくる人生100年時代に備え色んな対策を講じているようです。未病を改善するキーワードは食・運動・社会参加と言われております。生涯介護保険にお世話にならずに、元気で長生きを目指し一生涯現役でピンコロの人生を送りたいものですね! 今回はそのためのヒントになれるようなお話をさせていただければと想います。

【真の健康とは】  WHO(世界保健機構憲章)では「健康とは、病気ではないとか、弱っていないという事ではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることを言います。」更に1999年に「肉体的にも、精神的にも、霊的にも、そして社会的にも」というように「霊的」という定義が加えられました。日本でも正式に追加するかどうか現在、検討しております。  この霊的な健康と言われても我々にはあまりピンとこないかもしれませんね。あなたの知らない世界のような怖い幽霊とか亡霊とか連想してしまいますよね!西洋人と比較して宗教的に希薄な国民性もあるかもしれませんが、数年前から「スピリチャル」という言葉があちらこちらから沢山聞こえ始めました。僕の知り合いにも「スピリチャル・カウンセラー」という人がいますが、スピリチャルという方が何となく捉えやすいかもしれません。  10月にNHKスペシャルで放送された「徹底解明 100歳の世界」という番組で現在世界には45万人という1世紀以上を生きる人達を「センテナリアン」と言うそうです。日本では2016年現在で100歳人口は65600人、統計を取りはじめた1963年には153人しかいなかったそうです。それが2050年には68万3000人になると予想され、人口の142人に1人の割合で100歳を超える方は現れるそうです。  放送ではこの方々のデータをまとめ、長寿の秘訣を解明すると、現在分かったことが2つあったそうです。一つは血液検査をするとCRPという炎症の数値が低かったとの事です。ですから、動脈硬化なども少なく血管が綺麗であったとありました。そしてもう一つが、「心の持ちよう」という事で、116歳の世界最高齢のエンマ・モラーノというイタリアのおばあちゃまが登場しました。11月の29日が誕生日でしたので現在117歳になり、ギネスブックにも世界最高齢で認定されているそうですが、彼女は普段、自分の