くるくる保健室No.17『第1回くるくる市民公開講座 その2』

平成28年12月4日に市民プラザホールにて第1回くるくる市民公開講座よそでは聞けない話」を開催しました。かわい接骨院の川合先生をお迎えし、『厳しい冬はこれで乗り切る!  ~姿勢・血行・呼吸法~』と題してご講演いただきました。

くるくる保健室ではその際にお話いただいた内容を数回に分けて掲載させていただきます!!今回はその第2弾。体操のポイントもありますのでどうぞご一緒に!! ※ 今回の内容は川合先生が今まで柔道整復師として鍼灸師として日頃患者さんと接している中で実際の臨床の場で得た経験や体験を元に、自分自身の身体を通して実際に実践してよかったもの、効果のあったものを厳選してお話しさせていただいています。また、文献を読んだり、お偉い先生の話を拝聴しそれを先生なりの解釈とアレンジを加え研鑽し健康効果と高いものをお話しさせていただきます。よってすべてがエビデンスといって科学的根拠に基づいたものではないという事を最初に予めお断りしておきます。


くるくる保健室Noなし

【前向きなため息実技】

【あいうべ体操】  ため息つながりで、あいうべ体操をご紹介させていただきます! 福岡県博多のみらいクリニック院長、今井一彰先生が提唱されている体操です。どんな体操かといいますと日本人の9割の人達が陥っていると言われる口呼吸をやめて鼻呼吸にするための体操です。今井先生も僕が以前入会していた自律神経免疫療法学会の会員でして、口の中が乾燥すると自律神経がバランスを崩すため、病気の7割がこの口呼吸からではないかとおしゃられております。  今年は特に早くからインフルエンザが流行っておりますが、今からでも充分に間に合います。福岡のある小学校でこの体操をしてたら、周りの学校と比較してインフルエンザで学校を休む子が少なくなったというデータもでています。  僕は接骨院でもこの体操を指導しておりますが、患者さんには、口は消化器で、鼻が呼吸器ですよとお話しします。しかし、最近はこの身体のシステムのルールが守られておらず口を呼吸器だと感違いされている方が多い様に思います。空気中には、ホコリや細菌、ウイルス、花粉など、様々な異物や病原菌が混じって浮遊しています。鼻呼吸でたとえそれらを吸い込んだとしても、鼻毛や鼻の粘膜に生えている線毛とそこに流れている粘液などで濾過され、多くが鼻水となって排出されます。  鼻水は一日に約1リットル位は分泌されているそうです。さらに、鼻の奥には扁桃リンパ組織という免疫の最前線があり、ここで体内に異物が入ってくるのを防御してくれます。つまり、鼻は感染を二重に防いでくれる、優れた天然のマスクです。ですから自分の身体を100%信じられる方は市販のマスクなんかはかえってしない方がいいですよ!  ただ現在風邪を引いている方は周りに菌をばらまかないためにもマスクはして下さい。さらに鼻の孔から咽頭までの約10㎝程度の気道は、血流がとても豊富で鼻から入った冷たく乾燥した空気は気道ですばやく温かく湿った状態にされ、気管から肺へと送られます。鼻は加湿機能付きの空気清浄機でもあるのです。ちなみに、鼻の中の湿度は75~90%もあります。インフルエンザウイルスや風邪のウイルスは湿度に弱く通常50%の湿度があれば、徐々に死滅すると言われています。室内では湿度計が50%を切ったら加湿器を使うとインフルエンザや風邪の予防になりますね!  その反対に、口呼吸をすると、冷たく乾燥した空気を、いきなり喉から気管、肺へ吸い込むことになります。それによって、口の中の水分が奪い取られ、唾液による殺菌・消毒作用が発揮できなくなり、口の中は、歯周病菌などの細菌が繁殖しやすい環境になるわけです。また、異物や病原菌の混じった空気を直接吸い込むことで、ウイルスが直接体内に入り込むと、インフルエンザや風邪などに感染しやすくなります。以上のように、鼻呼吸は病気を予防してくれますが、口呼吸は病気を招いてしまうのです。  鼻で呼吸するよりも口で呼吸したほうが楽なぶん、口呼吸は速く、浅くなりがちです。よく全力疾走した後はハハハっと息瀬切って、身体に熱がこもらないように小刻みに早い呼吸になりますよね、これによって身体から熱を外に放出しているので、結果的には身体を冷やしているのです。冷え予防にもゆっくりとした深い鼻呼吸の方ががいいですね!そして、鼻呼吸は口のように一気に空気を吸い込めないので、しっかり吸おうと、横隔膜を使ってゆっくり深く呼吸することになりますので、腹式呼吸に自然となって基礎代謝も上がりダイエット効果も発揮されるという訳です。その結果、酸素の肺への取り込み量は、鼻呼吸が口呼吸より1.5倍以上も多くなるのが分かっているそうです。  先ほど前向きなため息を実演して頂きましたが、口からではなく鼻から「フンッ」と吐く鼻ため息 も免疫力の低下が防げて、血流や酸素の循環よくなりなり、疲れやストレスの回復に繋がりますよ。 さて、あいうべ体操の実技・・皆さんもご一緒にやってみましょう! 入れ歯の方は歯が飛び出てしまう事があるので注意をして下さいね! ①「あー」と口を大きく開きます ②「いー」と口を大きく横に広げます 注意点  ③「うー」と口を前に突き出して唇をとがらせます  ④「べー」と舌を突き出して下顎に届く位、伸ばします  これは、あ・い・うで口の周囲の筋肉であります口輪筋や口角挙筋、顔の表情をつくる表情筋を鍛え、べーと舌を出すことで舌骨筋群を鍛えております。これによって舌を上顎の正しい位置にまで引き上げてることによって、口の開くのを防げます。  ポイントは大げさなくらい口を大きく動かすことと、ゆっくりやること、一周4秒くらいかけて行うといいです。これを1日30回。朝昼晩10回づつ分けてもいいですし朝晩15回でも、時間のある時にとにかく実践してください。顎関節症で口を開けるのが痛い人や怖い人は「いーうー」体操を3分間だけでもいいです。唾液がよく出て便秘やドライアイ・ドライマウスにも効果抜群です。これにプラスして今井先生は就寝時に口にテープを張りより鼻呼吸を意識してやるようにと言っておられます。ドラッグストアー等で専用の口テープが売ってますよね!朝起きて、口に貼ったテープが切れている様であれば夜中に口呼吸になっていたという証拠になります。  この体操はいつ、どこで行ってもかまいませんが、特におすすめは、入浴時です。風呂場なら口を開けても乾燥する心配がないのでいいです。逆に冬の寒い屋外で散歩しながら行うと口の中が乾燥してしまうので避けた方がいいですし、逆に危ない人だと想われるかもしれませんのでくれぐれも通報だけはされないようにしてください。僕は自宅で歯を磨くときにカガミを見ながら、あーと口を開けて奥歯の窪みを磨き、いーの口で奥歯の横を磨き首スジに力が入って筋張るくらい大きく横に広げて磨きます。うーの口でアヒルさんみたいに唇を少し開いて、前歯を磨きます。最後にべーで舌を出しハブラシで舌磨きをすると舌苔というベロの上に付いた苔を磨き落とすことが出来ます。 虫歯の原因菌や肺炎の原因になる細菌が口の中に300~700種類も生息しております。歯をしっかり普段から磨いていても1000~2000億個の菌があり、あまり磨かない人だと一兆個の菌が棲みついていると言われますから怖いですね・恐ろしいですね!お年寄りの肺炎は命取りになります。肺炎球菌のワクチンを打つと5年間は肺炎球菌が原因の肺炎には罹りにくいのかもしれませんが、実は誤嚥性肺炎で亡くなってしまわれる高齢者が一番肺炎の中で多いのです。その