くるくる保健室No .22『平成最後のらん・ラン・Run』


くるくる保健室Noなし

昨年のベストセラーの「君たちはどう生きるか」ではないですが「君たちはどうして走るのか?」人は何のために走るのでしょうか?ねぇ!人それぞれの目的があるかと存じますが・・・。

古代人にとって走ることは生きる為の手段でありとても美しい芸術のひとつだったのではないでしょうか?生きるために敵から逃れ、生きていくために獲物を追ってた、その手段に走りがあったんだと想います。その姿はとてもかっこよく、早く走れる人は国の英雄として崇められ、その姿はラスコー洞窟の壁画等に描かれ芸術としても古代人は走る姿を描いておりました。

一番の目的は「健康管理や体力維持」で全体の5割以上がこのタイプ。特に男女共に60歳代が高く、女性の20歳代では健康より「美容・ダイエット」を目的としている割合が高い傾向にあります。その他としてストレス解消やリフレッシュに走ったり、日本の上場企業のCEO等は自己啓発や自己研鑽の為に走っているという事を伺ったこと

世界的に有名な作家であります、かの村上春樹氏は「走ることについて語るときに僕の語ること」という著書の中で、小説を書くために走り、下半身を鍛え下丹田(げたんでん)を決めなくては小説は書けないし、小説を書く方法の多くの道路を毎朝走ることから学んできた、と言っております。ハルキストにとっては周知の事実ですよね!

私にとって走ることは何かと問われれば、やはり健康を売り物として生業を立てているものとして、キーワードは「健康のためのラン」という事になると想います。走っていて不健康になって病気やゲガをしてしまうのであれば本末転倒ですよね。

ここで私の浅いマラソン歴を紹介させて頂きます。 

1997年28歳の時のホノルルマラソンがマラソンデビューでした。この年に結婚をしたので、何か記念になることはないか、と考えました。一度でいいから42.195㎞という未知の距離に挑戦し、これから訪れる人生の荒波もこのマラソンを走り切れば何とか乗り越えられるのではなかろうか、という熱い想いで挑戦しました。結果はこんなものでした!

そして2011年3月11日の東日本大震災を機に何か自分もしなくてはという想いに駆られたのと、昨今の東京マラソンブームに乗り、3回目の抽選で初当選したので14年ぶりに満を持してまた走り出しました。

走っていく中で次第に身体の中身も少しづつ変化し、体重は勿論減っていきましたし、悪玉コレステロールや中性脂肪の値も徐々に減少していきました。ところが順調に落ちていた数値が2013年10月の検査では悪玉のLDLコレステル値が上がってしまい、主治医に経過観察を宣告されました。結局、このシーズンは左膝を痛めてしまい2014年の3月開催の板橋cityマラソンはスタート地点にも立てず棄権する羽目になってしまいました。ここで何が起きたかと申しますと、実はヨーグルトが花粉

走ることによって、血液検査のデーターが正常範囲内にすべておさまったおかげで、嬉しい出来事が1つだけありました。生命保険料が年間で3万円程安くなりました。第一生命が売り出している‘ジャスト‘という商品で健康診断割引特約が適応されました。この商品はBMIが18以上27以下、血圧が最低85mmHg未満最高が130mmHg未満HbA1cが5.5%以下という数字をクリアー出来れば適応されます。私の担当さんは顧客を1000人程抱えているという事ですが、クリアー出来た人は20~30代の人は別として私が2人目立ったそうです。 私は走ることによって保険料が安くなるというメリットがあった訳です。