東久留米の里に春のおとずれを探る

更新日:3月11日

人間界はコロナウイルス禍、ロシアのウクライナ侵攻などで大騒ぎ。だけど植物たちは「どこ吹く風」。ひそかに春のおとずれを知らせてくれる。東久留米の里のしのび寄る春を探してみた。

①春一番。満開の梅。白・赤・しだれ梅が一目で観賞できる。(久留米西高校の校門入って左側)

②もうすぐ春の甘い匂いをただよわせるチンチョウゲ(野火止2丁目8番のマンション脇)

③春のおとずれに早くも芽を出すフキノトウ(野火止3丁目7番の道路脇広場の囲い際)

④日あたりの良い黒目川沿いの散歩道で春を呼ぶタンポポ(久留米西高校囲み沿いの黒目川散歩道脇)



春一番の本命 河津桜が満開近い。

東久留米名木百選のNo.46、ほか5本が一斉に開花。(東久留米西団地の黒目川しんやま親水広場)







東久留米 いち

閲覧数:62回

最新記事

すべて表示