☆東久留米市内のいきもの(蝶の仲間:1月から6月)の紹介!

更新日:7月27日

東久留米市内には東京都や東久留米市、そして企業・学校法人などが管理する雑木林があり、市内起源の黒目川・落合川・立野川などの川が流れています。今回は、そのような自然の中において生きもの観察時に出会った『蝶の仲間』を紹介します。


 蝶の仲間は種類が多いうえに、温暖化に伴い西日本側に生息する種類も北上して更に増えています。そのような蝶は目撃しても動きが素早く写真撮影には苦労します。


市内で撮影した蝶の仲間になります。是非ご覧ください。


※〔写真〕:写真上段が『ヤマホタルブクロ』の花にとまったタテハチョウ科ミドリヒョウモンおよび写真下段が『ヤブヘビイチゴ』の花の蜜を吸うシロチョウ科ツマキチョウです。



※次に紹介するのは2022年1月から6月までに市内で観察したチョウの仲間の写真です。以下のファイルをお使いのパソコンなどに取り込んでからご覧ください。



東久留米のいきもの(蝶の仲間)1月から6月20220615
.pdf
Download PDF • 1.48MB

※蝶の名前はすべて同定した訳ではありません。誤りがあった場合にはお知らせください。




※2022年1月から6月 東久留米市内において撮影〔H.Shimo〕

閲覧数:55回