top of page

☆東久留米市内のいきもの(6月7月の樹木と野草)紹介!

更新日:2023年8月27日

東久留米市内には東京都や東久留米市、そして企業・学校法人などが管理する雑木林があり、市内起源の黒目川・落合川・立野川などの川が流れています。今回は、そのような自然の中において生きもの観察時に出会った『6月および7月に観察した市内の樹木と野草』を紹介します。


是非ご覧ください。


※〔写真〕: 市内の雑木林で7月に観察したユリ科ヤマユリです。東久留米市内では例年7月上旬から中旬にかけて開花します。残念ながら盗掘などで年々減少気味です。








※〔写真〕: 市内の雑木林で観察したヒガンバナ科キツネノカミソリです。都京都のレッドデータブック北多摩地区では絶滅危惧Ⅱ類に指定。例年7月下旬から8月上旬頃にかけて開花する。複数個所生育地があるが残念ながら何れも減少傾向。










※次に紹介するのは6月7月に市内で観察した樹木と野草で合計80種類ほどの写真です。以下のファイルをお使いのパソコンなどに取り込んでからご覧ください。



東久留米のいきもの(6月7月の樹木)20230815
.pdf
ダウンロード:PDF • 1.13MB

東久留米のいきもの(6月7月の野草)№120230815
.pdf
ダウンロード:PDF • 1.78MB


東久留米のいきもの(6月7月の野草)№220230815
.pdf
ダウンロード:PDF • 1.72MB



※樹木と野草の名前はすべて同定した訳ではありません。誤りがあった場合にはお知らせください。

※6月7月に東久留米市内において撮影 2023年8月15日 〔H.Shimo〕

閲覧数:46回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page