第5回 くるくるチャンネル川柳コンテスト 全応募作品発表 その4


5回川柳コンテストサイト見出し

2016川柳タイトル 応募作品公開その4

思わずくすりっ、としたり、

そうそう!と共感してみたり。

読んでいて思わず笑顔がこぼれます♪

ひきつづき【その4】もお楽しみください♪

久しぶり! 言ってはみたが 名前出ずだいちゃんZ!留守電も やっぱりよそ行き 母の声だいちゃんZ!米離れ 無縁なでっかい 炊飯器だいちゃんZ!蝉の声 鳴くより湧くが しっくりとだいちゃんZ!水曜日 もう一息と 注ぐビールだいちゃんZ!東京へ 久しく留まる 旅だ米羽田 緒美かなづちも 金魚のように 水の中羽田 緒美久しぶり 恋や涙を 思い出す羽田 緒美久しぶり 声かけられたが 誰だっけ?あらかんリオ五輪 湧き立つ歓声 団扇裂けあらかん米一俵 買って孫らの 帰省待つあらかん留守番も 楽しや昼から ビール空けあらかん過去の澱 水に流して 春迎えあらかん熱中症 無理せずゆるる 塩と水鍋島 尊道湧き水で 飯盒炊事 おお冷た鍋島 尊道安倍組閣 留任だらけ 目玉なし鍋島 尊道久々に 一杯やるか 妻ニコリ鍋島 尊道南海も 東の海も 騒がしく鍋島 尊道離れると 故郷への思い 湧水のよう紫雲山太宰読み 久留米絣と 愛思う紫雲山東京は 百合の新風 吹き抜けて 紫雲山リタイヤ後 すり手が上手くて 米係古賀 厚子久し振り ペアではなくて 二枚組古賀 厚子名水と するのは人の 努力かな秋冬デジタルの ノイズ消し去る 水のおと秋冬久々に 歩いてみたい 場所出会い秋冬水割れる 森の中にも 命あり秋冬水を買う そんな時代の 豊かさよ秋冬東風ふかば 景気よこせし アベノミクス働き蜂ちえちゃん永久の 邪馬台国の 謎深し働き蜂ちえちゃん米食べる 毎日食べても 飽きもせず働き蜂ちえちゃん若人の 湧き出る力 金メダル働き蜂ちえちゃんこんこんと きれいな水に 旨い酒働き蜂ちえちゃん丑三つの 東京五輪 暑さよけ落犀庵久々の ゲリラ豪雨が 涼を呼ぶ落犀庵新学期 日焼けの肌に 夏留め落犀庵おにぎりを 取った取らずの 米騒動落犀庵午後六時 元気が湧いて 夜の街落犀庵湧きあがる 恋心にも 秋の風はぐれ雲たんぽぽの 湧き立つ綿毛 風まかせはぐれ雲湧きあがる 雲に託した わが想いはぐれ雲雷神が 湧き立つ雲に 風をよぶはぐれ雲湧きあがる アザミの綿毛 くるめ舞うはぐれ雲雨雲が 水の都に 街を変え加藤 恒美水だまり 飛び越えたのに あっドボーン加藤 恒美久し振り 言葉交わすも 他人なり加藤 恒美東から 出る太陽 出る日々いけのこい 悠久の 想いは巡る くるくるといけのこい留め処なく 流れる雲と 人生といけのこい米食える 日本生まれを 感謝するいけのこいさあ行こう 湧き立つ心 集う夢いけのこい小雨降り 服に水玉 柄作る奈良 奇樹湧いている オリンピックに 全米が奈良 奇樹日本人 米はみんなの ステータス奈良 奇樹4年後に いけたらいいな 東京に奈良 奇樹「久しぶり!」 偶然出会い 抱きあった奈良 奇樹久闊(きゅうかつ)を 詫びて少しは 嘘を書く公之助留守電に 生きているかと おどけられ公之助スーパーに 少し気取って くにの米公之助水臭い 仲を周囲に 偽装する公之助幸がある 笑みの湧き出る まち創り若槻 泰治口元で やさしく光る 米粒よ俎板 鯉こんにちは 一期一会を 留めてゆく俎板 鯉この空気 久しぶりだと 身体言う俎板 鯉感情は 自然に湧くから 流れゆく俎板 鯉湯気の中 掌の泡 そっと吹く俎板 鯉感動を 2020の 東京へ荘子 隆米国に 勝った侍 バトンパス荘子 隆解散が 水冷している リオ五輪荘子 隆百歳が 「幾久しく」と 挨拶し松下 弘美じじは知る 「永久」歯では ないことを松下 弘美 新米は 光るものです 君よ行け松下 弘美持久力 試す十八 切符旅松下 弘美落ち込んで 欅並木に 会いにゆく松下 弘美 

あなたの作品は見つかりましたか? 全応募作品は今後もぞくぞくと公開いたします。 どうぞお楽しみに!!!

第5回 くるくるチャンネル川柳コンテスト 入賞作品 発表