第7回 くるくるチャンネル川柳コンテスト 全応募作品発表 その3

今回のテーマは「夏祭り」。 共感できる句、クスっと笑ってしまう句 まだまだあります!夏祭り 彼の太鼓に 惚れ直す麦乃つぶやいた 「好き」が花火に 吸い込まれ麦乃十年後 夜店の金魚 まだ元気麦乃夏祭り 帰省の孫も 浴衣着て石川 昇孫が着て 婆が張り切る 盆踊り石川 昇元カノに あって気まずい 夏祭り石川 昇西郷どんか 夫の浴衣に 惚れ直すハルルポイ破れ 金魚も恋も 取り逃がすハルルときめきは 浴衣姿の 同級生ハルル遠花火 音の遅れを 子に教えカラスの行水ふる里と 出た子を繋ぐ 夏まつりカラスの行水三代が 息もぴったり 盆踊りカラスの行水神輿曳き 休んで食べた かき氷柏木 恵美子盆踊り 鼻緒の痛み こらえつつ柏木 恵美子街あげて 久留米音頭と いきますか柏木 恵美子黄昏に 魂集う 盆踊り柏木 章一迎え火が 減って帰れぬ 先祖霊柏木 章一盆踊り カーバイトの灯 金魚釣り柏木 章一肉もない 焼きそばなのに なぜ旨いゆーゆー浴衣着て はしゃいだ気持ち 思い出すゆーゆー玉の汗 流れるままの 夏祭りらくちゃん頭から 水をぶっかけ 夏祭りらくちゃんチンドンと 鳴らし猛暑を 吹き飛ばすらくちゃん二の腕の 息飲む白さ 輿担ぐカジポッケに菓子 詰め込み次の 御旅所へカジ無意識に 捜す踊る輪 幼き恋カジ夏祭り 終わって吹く風 さみしくてわこひよこいた 同じ時代の 夏祭りわこミヨチャンと お手々繫いで 夏祭りペー助むかし父 今では孫と 夏祭りペー助ラムネ色 遠い昔の フェスティバル ペー助夏祭り 粋な角度で 飲むラムネ梅こんぶ大太鼓 光る二の腕 一目惚れ梅こんぶ山間に 下駄を響かせ 郡上踊り梅こんぶあの人の ステキな生歌 聴きたかった前川 愛空見上げ 花火見てるが 首が凝る前川 愛綿菓子か 綿飴なのか 雲流れ前川 愛水害で お祭りけじめが 盛り上がりけん爺夏祭り 無くても町は 和が出来たけん爺盆踊り 故郷思う ポランティア けん爺綿菓子を 小銭握って 並ぶ孫夢松夏祭り 金魚追いかけ 踊る孫夢松祭りの夜 光の競演 うなる孫夢松夏祭り 大人の心 置いてゆくはぐれ雲活気づく 神輿の彼に 嫉妬するはぐれ雲お下がりの 法被に滲む 家族愛はぐれ雲爺ちゃんが 一番好きな 夏祭りひろぴーつないだ手 ずっと離さぬ 夏祭りひろぴー夏祭り 母が待ってる 里帰りひろぴー盆踊り インバンウンドも 踊り出す風まかせダイエット 夏祭りの日 夏休み瀬戸ピリカ気がつけば スマホポケット 手にうちわ瀬戸ピリカ正月に 帰らぬ子みる 夏祭り瀬戸ピリカ久しぶり 浴衣美人は うちの兄やじろべーマドンナの 本性見たり ギャル神輿やじろべー空財布 金魚すくいの 腕を上げやじろべーしくじりが またも多くて 夏祭りフーマーチョコバナナ 孫のほっぺを 舐めさせるフーマーええい祭り ちょいと高いが 缶ビールフーマー説明も 論戦もなし 総裁選富村 秩可子公平に 手渡し花火 夏祭り富村 秩可子復讐は 列島豪雨に 大地震富村 秩可子婚活の 期待を込めて 夏祭り富村 榮治郎雨雲を スマホで追いつつ 夏祭り富村 榮治郎夏祭り 汗水たらす ボランティア富村 榮治郎ピーヒャラで スキップしてる 夏祭り今 ゆうよフワフワの 綿菓子買った お盆玉今 ゆうよお祭りの 舌でばれてる りんごあめ今 ゆうよ盆踊り ばあちゃん張り切り ギックリにぷーちゃんひと夏の 恋に似ている 花火かなぷーちゃん父の意地!? 金魚すくいで 子に勝利ぷーちゃんこの暑さ 神輿も記憶 ないと言い行雲肩寄せて 花火見上げて 終電車行雲下駄履いて 気分ちょっぴり 大人びぬ行雲夏祭り 終われば嫁と 縁戻す茶唄鼓ワッショイで ピアスがキラリ 御輿行く茶唄鼓褌を 締めて男気 街をゆく茶唄鼓