くるくる保健室No.14 『にんにん介護!?それって甲賀、伊賀    それとも戸隠の忍びかい‼』

くるくる保健室Noなし

今、ここに日本の悲しい現実があります。 日本人の平均寿命は男性80.2歳、女性86.6歳。男女合わせても84歳で世界一の長寿国となっております。 そして、人の手を借りないで、ひとりで自立した生活を送ることが出来る期間の寿命である「健康寿命」は男性70.4歳、女性73.6歳。 全体でも72.0歳でこちらも世界一です。 しかし平均寿命と健康寿命の間には10年以上の差があります。 つまり、「健康寿命」の時期を終えて「平均寿命」に至るまでの10年余り、何らかの病気を抱えたり、介護が必要になったり、また、寝たきりの状態を余儀なくされていることが、この数字から分かります。 では、その原因は一体何なのかというと、転倒による骨折や関節疾患などの運動機能の障害、脳血管障害や認知症、また心疾患や衰弱など様々です。 しかし、その全体の約40%を、実は脳血管障害や認知症の脳関係の疾患が占めています。 特に介護度の一番高い要介護5に至っては、1位が脳血管疾患の34.5%、2位が認知症の23.7%で、全体の60%にも及んでおります。 このように脳の血管障害や認知症などが、健康寿命を大きく引き下げている現実をみると、我々はいつまでも健康寿命でいたいと思わずにはいられませんね。

2025年には最大で730万人、65歳以上の5人に1人。2015年1月に厚生労働省より発表された認知症患者の推計値です。 2015年の65歳以上の高齢者人口は約3300万人で、このうち認知症患者の推定数は517万人、高齢者人口の16%にも及びます。 この数字だけでも深刻な状況ですが、10年後の2025年には団塊世代が75歳以上になることもあり、認知症患者の数値は一気に跳ね上がると言われております。 このままの推移で行けば、2040年には認知症患者は最大953万人で高齢者の4人に1人、2060年には1154万人で3人に1人という憂うべきデータが予測されています。

roujin_haikai_woman
kaigo_family

さて、早速ですが以下の質問に答えてください。

1.今、あなたの年齢はいくつですか? 2.今日は、何月何日ですか? 3.今は、平成何年ですか? 4.あなたのお誕生日はいつですか? 5.昨日の夕食で食べた物は何ですか? 6.キツネの手真似と、ジャンケンのチョキが出来ますか? 7.100から7を、連続で5回まで引いてください。 8.「いとこ」とは、どんなつながりのある人ですか? 9.「あ」で始まる言葉を、1分間に10個以上上げてください。 10.3つの単語を記憶して、5分後に思い出してください。 (例)アサガオ・クツシタ・リンゴ

・診断項目1から10まで、出来たら○、出来なかったら×を入れて下さい。 ・診断項目1から9までは、○の場合それぞれ1点です。 ・診断項目10は、3つ思い出せたら3点、2つの場合は2点、1つの場合は1点です。