第7回 くるくるチャンネル川柳コンテスト 全応募作品発表 その1


2018年7月より開催の第7回「くるくる川柳コンテスト」、

なんと!779の ご応募をいただきました。 一般部門へはなんと、611句!!

今回のテーマは「夏祭り」。 ご応募いただいた作品を順に紹介させていただきます。 どうぞごゆっくり、作品をお楽しみください。 夏祭 誰もクルメエ いい久留米三郎元ミスも 杖つき孫と 夏祭り三郎褌を エロと言われる 夏祭り三郎慣れ浴衣 宵越し慣れバチ 慣れやぐら夏の虫白杖の 手を引き神輿 後につく夏の虫目が花火 ハートにドドーン ギャル神輿夏の虫夏祭り 花火見るより 屋台行くおもち花火より 女の浴衣 きれいだなおもち夏祭り 行かずに家で 見る花火おもち帰省して あのこに逢える 夏祭り果鈴糖夏祭り ことしは違う 彼女連れ果鈴糖なつかしい 夜店の野師と アーク灯果鈴糖目は花火 脚はヤブ蚊を 太らせるアカエタカバイキング 花火合図に 蚊の親子アカエタカ絵日記は 祭り描かずに 夜店描くアカエタカ浴衣着た 君の姿は 大人びて安田 蝸牛風に乗る 祭囃子に 血が騒ぎ安田 蝸牛君の手を あめと金魚に 奪われる安田 蝸牛夏祭り 娘の成長 見る浴衣よしぼう故郷に 集まる納税 夏祭りよしぼう綿飴を 右手に金魚 左手によしぼう見真似して 一拍遅れの 盆踊りイナバウアーの白兎プロポーズ できないままに ラムネ飲みイナバウアーの白兎夏祭り 下駄と浴衣の クールビズイナバウアーの白兎綿飴は 甘い雲だと 孫が言いみつこちゃん金魚掬い 網が破れて 恋破れみつこちゃん孫連れて 出店の明かり 巡りゆくみつこちゃん夏祭り みこしの揺れが 半端ないナンサン魅せられる 祭り太鼓と 金魚釣りナンサンはっぴ着て インスタで撮る 三世代ナンサンお囃子を 肴に午後の 手酌酒ほり・たくすれ違う 浴衣のキミに 胸が鳴りほり・たくつなぐ手を 引いて引かれて 夏祭りほり・たく日めくる夏めく昼 市が祭り シャッフルすると 東久留米 夏祭めく昼ときめきき夏バテも ふきとぶ熱気 くるりとしゃんしゃんしらす雲帰宅して 下駄脱ぎ味わう 祭りの余韻しらす雲打ち上げる 花火に賑わう くるめっこしらす雲夏祭り 家族が増える 笑い声ほたる孫が来て 夜店巡りの 夏祭りほたるはしゃぎ過ぎ 背中で眠る 夏祭りほたる右肩の コブが神輿の 重さ知る怪傑もぐり33世浴衣着た あの娘に視線が 釘付けに怪傑もぐり33世縁日の クジで使った お小遣い怪傑もぐり33世着飾って この日にかけた お披露目会ジーク夏祭り イケメン探しの 同窓会ジークともにゆく 人がいればと 思いつつ八十一魚子そわそわと 音だけを聞く 夏祭り八十一魚子盆ゆえに 浴衣のしびと 紛れ込み八十一魚子男女均等 屋台のおでん 半分こ雲がくれ不条理は 祭りの汗で 吹き飛ばせ雲がくれ追い立てられ 泥舟に乗る 祭りの夜雲がくれ夏祭り 浴衣姿と たこ焼きとかかし夏祭り ねじり鉢巻き 男意気かかしあー無情 金魚すくいの 紙うすくかかし祭笛 キーが違って 故郷(くに)思う野菜のパパ夏祭り 川柳は辛い 俳句だろ野菜のパパ行ってみる 祭りお神楽 人いきれ野菜のパパ夏祭り 忖度無用の ハッピ仲間三太夫夏祭り 帰って来いよと 老父母が三太夫子供神輿 担いで汗した 子も大人三太夫夏祭り 神輿で汗かく 久留米の水かぐや姫平成の 最後の神輿 夏祭りかぐや姫インスタ映え スマホが囲む 夏祭りかぐや姫絵日記に