くるくる保健室No .20『━血管事故を防ぐ生活習慣━アンチエイジングは血管力が決め手!!』


くるくる保健室Noなし

季節が寒くなるにつれて、最近『血管事故』に気を付けましょう!というPRを各メディアがこぞって行ないますが、血管事故とは一体なんぞや?と疑問に思われる方は少なくないはずです。今回のくるくる保健室では血管事故を予防する生活習慣や健康寿命を伸ばし若返りまで可能にしてくれるという血管についてお話ししたいと思います。

皆さん!我々の体の中を張り巡らしている血管の総長さは一体どれくらいだと思いますか?なんと約10万㎞にも及び、地球を2周半もする人体最大の臓器と言っても過言ではありません。血管の中を流れ、体内の60兆個の細胞一つひとつに栄養や酸素、ホルモン等を届けてくれるのが血液という訳ですが、その血液の流れ(血流)が悪くなると色々な病気が発症する訳です。血流の状態が良いのか悪いのかを判断するのに決定的なのが血管そのものなのです。では、血管の状態をどうすればいいのでしょうか?血流をサラサラにさせるだけでは冒頭の『血管事故』を防ぐには不十分です。キーワードはなめらかでしなやかなな血管を養うことが重要です。


次に安定プラークを作る生活習慣を栄養面と運動面からアプローチしたいと想いますが、ちょっとその前に皆様にご自身の血管年齢をチェックして頂きましょう!

 □階段をのぼると胸がしめつけられることがある  □インスタント食品や脂っこい食事を好んで食べる  □電話が鳴ったらすぐ取らないとイヤだ  □責任感が強く、仕事や家事で手を抜けない  □いつも時間に追われている感覚がある  □1日の喫煙本数×喫煙年数が400本以上になる  □血圧が高い  □運動不足だ  □物忘れをよくする  □手足が冷たく、しびれを感じる  □コレステロール値、または血糖値が高い  □親、または兄弟に心筋梗塞や脳卒中で倒れた人がいる 上の質問事項に当てはまる数があなたの予想血管年齢です!何個付きましたか? 0~4の場合は・・・年相応 5~8の場合は・・・実年齢+10歳 9~12の場合は・・・実年齢+20歳

【血管事故の4大因子】 ①高血圧 ②脂質異常症 ③糖尿病 ④喫煙 これらは1つだけでも血管の老化を進行させますが、重なれば重なるほど血管の老化が加速していきます。例えば高血圧があると、血管事故を起こすリスクは健康な人の3倍です。そこに脂質異常症が加わると3×3=9倍さらに糖尿病も加われば3×3×3=27倍、喫煙もプラスされれば、なんと81倍にもリスクが跳ね上がります!逆に1つの因子を改善させれば、リスクもその分減りますので、早めに対策を講じましょうね!特に塩分の摂り過ぎとストレスには要注意ですよ・・・。

【血管が蘇る食生活】 ①血管若返りのための「やさいの法則